2017年7月29日土曜日

芝生を見ると、嫌なこと全部忘れます

平日はまじめなサラリーマンをしているわたくし事務局は、週末の芝生作業を楽しみに仕事をこなしております。
 
芝生は見ているだけで癒されるし、上を歩くともっとだし、芝刈りするとゾクゾクしてしまうほどです。(あくまでも個人の感想です)
 
特に今週は、刃を研いだばかりなので切れ味がいいのなんの。
 



ポット苗の植え付け前が裸地で、やや凹地になっているところです。まだ土が目立ちますが、夏休みのウチには埋まるでしょう。



こっちは、いいところの写真です。



カッコイイ写真を撮ってもらいました。

2017年7月16日日曜日

肥料散布

前回の肥料散布から3週間たって、きょうは肥料撒き。
 


 


2017年7月9日日曜日

ポット苗の追加植え付けと整地作業

きのうに引き続きの作業は、ポット苗の追加植え付けと、凹部になっているところの整地です。
 
ポット苗は、お隣ムサリクで植え付け予定だったシートを、2シートだけわけてもらいました。
 

50個の苗しかないので、6月に大勢で植え付けたときよりも、場所を選んで慎重に植え付けました。



こんな感じです。


芝生の裸地部分は、風雨や利用により土がえぐれて、周りよりも低くなってしまっています。そこに盛り土をいれて平らに整地するのですが、今回利用したのは、ムサリクでコア抜きした土。
人差し指の先くらいのコロコロした土で、ライグラスやティフトンの根が残っています。


入れた後は、トントンと整地します。これがけっこう重かった。


 一輪車で運んで、スコップで入れて、整地。
ファングリーンの芝生作業では、これが一番しんどい作業かな。






2017年7月8日土曜日

ポット苗2週間

6月24日に90人ものかたにお集まりいただきポット苗を植え付けてから2週間がたちました。
 

本日は芝刈りと散水です。


サポートメンバーで、市民公園を利用するサッカーチームのコーチが、練習前に芝刈りしてくれました。


根が張り始めた頃は、散水はたっぷりです。

2017年6月24日土曜日

ポット苗植え付けイベント、無事終了しました!

本日、好天に恵まれ、むさしの市民公園芝生広場の補修のため、ポット苗植え付け作業が行われました。
 
ほぼ口コミでの募集でしたが、90名くらいの方にお集まりいただき、40分ほどで4,000個のティフトン芝苗を植え付けました。
 

ポット苗作成後、51日でこんなに成長しました。


全部で160シート、4,000個のティフトンです。


集まった方は、地元サッカーチームで、むさしの市民公園芝生広場を練習で利用している2チーム。ほか、公園に貼ってあったポスターを見てくださった地元の方。
そのほか、都内で芝生のグラウンドを作ることを熱望されている方など。


右側の白いワイシャツの方は、武蔵野市長の邑上さん。じつに、毎年このイベントにお越しいただいております。ふつうえらい方だと、あいさつだけしてさっと帰ってしまうかと思われがちですが、集合時間の15分も前にきてくださって、実際の作業でもたくさんの芝生を植え付けてくださいました。
 

でも主役は市民です。大勢の家族連れ。



芝生の植え付けの様子でした。


毎年恒例の集合写真です。写っていないヒトもいるので、約90人くらいかなと。
いろいろ興味をもって来ていただいたのに、いそがしくてお話しできなかった方はすいません。


今回、ちからわざで活躍していただいたのはこの4名。江東ラグビークラブの方々。さすがラガーマンは力強かったです。この方々の穴あけがなければ、私は腰を痛めていました。

=========================

さて、むさしの市民公園では利用禁止の養生期間は設けません。みんなに使っていただきながら、丈夫な芝生を育てていきます。
雨が降らなければ毎日散水して、週に1回は芝刈りして、3週間に1度ぐらい肥料を撒きます。
私たちといっしょに、芝生を育ててくれる方を募集中です。


きょうは予定どおりです

きょうは予定どおりポット苗の植え付けを行います。

11時から開始しますので、それより少し前にむさしの市民公園にお越しください。
暑くなりそうですので、お子様は特に、成人のかたも、熱中症には十分お気をつけください。

ご不明の点は、事務局(細窪)の携帯電話までお問い合わせください。

2017年6月18日日曜日

ティフトン芝のポット苗植え付けやります!

毎年恒例の、むさしの市民公園芝生広場ポット苗植え付けイベントを今年も開催します。
ひとつひとつ開けた穴に、約4,000個の苗を植え付けます。
小さいお子さんでもできる作業ですが、逆に大勢いないとできない作業でもあります。

以下の通りご案内いたしますので、ぜひ大勢のご参加とご協力をお願いします。

「むさしの市民公園芝生広場 ティフトンポット苗植え付けイベント」

日時:2017年6月24日(土) 11:00~(30分程度で終了する予定)

場所:むさしの市民公園 (武蔵野市緑町2-2 武蔵野市役所の南側隣接)
    JR三鷹駅北口からバス10分、武蔵野市役所前下車すぐ

服装など:土をいじりますので、汚れても良い服装と靴でお越しください。天候により、雨具や帽子などご用意ください。軍手はこちらで用意しますが、足りない場合はご容赦ください。

備考:小雨決行です。当日、9時頃までにこのブログに開催の可否を掲載しますのでご覧ください。謝礼はお渡しできませんが、飲み物はご用意できると思います。
植え付け前に、クワで移植用の穴を開けます。じつはこれが一番の重労働。ぜひお力のあるかたは10時頃からお越しいただいて、穴あけの手伝いをしていただけると助かります。

特に申し込みは必要なく、当日お越しいただければ良いのですが、もし取材や、他地域で芝生化に興味を持たれている視察の方などは、メールなどで事前にご連絡いただけると心づもりができるので助かります。
このブログ右側のお問い合わせフォームから前日までにご連絡ください。
 
 
去年の様子です。 
 
 
園児・小学生や親子連れは大歓迎です!
 
 
去年は130名以上にご協力いただきました。

2017年6月17日土曜日

境南ふれあい広場公園の芝生化

JR武蔵境駅の南口駅前に、武蔵野プレイスという図書館機能を中心とした武蔵野市の施設があります。
この施設の前が、境南ふれあい広場公園という芝生広場になっているのですが、利用があまりにも多くいつもハゲハゲの状態です。
 
私たちのNPOに維持管理が委託されているわけではないので、いつも横目でみて素通りするだけでしたが、あるときこの公園をポット苗方式で芝生化再生するという看板がありました。
 

ハゲハゲの様子はこんな感じで、点々と緑になっているのは、業者が植えたポット苗です。開いているところに市民の力を借りてポット苗を植え付けようというお知らせです。

作業は6月17日。午前と午後の2回予定されており、それぞれ100シートずつ(計5,000個)の苗を植え付けました。



業者が穴あけしています。



植え付けは親子連れが中心でした。
約1ヶ月は完全に養生柵を設置して立ち入り禁止にするそうですが、ともかく利用の多い公園なので、生育は心配です。

2017年6月12日月曜日

ポット苗育成中

5月4日に作成したティフトン芝のポット苗は、武蔵野陸上競技場の一角にならべて、育成中です。
 
毎日の散水と、施肥と芝刈りを行い、ここまで成長しました。
 

これは昨日、6月11日(日)の様子です。育成38日目。


そしてこちらは同じ場所の5月27日(土)、育成23日目の様子です。
 
あきらかに成長がわかりますね。あと2週間育成して、6月24日(土)の11:00から、むさしの市民公園で植え付けです!

2017年5月5日金曜日

今年も補修用ポット苗を作成しました

毎年この時期恒例です。
 
武蔵野市陸上競技場のフィールド補修用のポット苗作成といっしょに、むさしの市民公園用の苗を作ります。
 
自分たちの苗は自分たちで作るのですが、この日に開催されている女子サッカー大会の参加選手には、私たちも指導しながら、陸上競技場用の苗を作ってもらうのです。
 



黄色のTシャツは、ファングリーンのユニフォームです。


我々スタッフはお手のものですし、中学生のサッカー選手も3年生にもなると、余裕で3~4枚を作ってくれます。1年生は初めてでゆっくりですが、その分丁寧でしたね。


こんな感じで、できあがったシートはトラックに乗せて、日当たりの良いところに並べます。


お疲れ様。イエェ~~イ!